母乳育児

断乳するには3つの計画が成功への道【母乳育児】

2020年2月26日

こんにちは、りのです!

 

この記事では断乳したいと考えているあなたへ成功させる為の計画について解説しています。

 

うさりん
断乳させたいんだけど、どうすればスムーズにできるのかおしえてほしい!

 

こういった疑問にお答えします
りの

 

この記事でわかること

  • なぜ断乳に計画性が必要なのか
  • 断乳を成功させる計画の立てかた
  • 夜中の授乳がやめられないときの対処方法

 

この記事を読むと断乳をスムーズにさせる計画性について知ることができます。

 

なぜなら、私自身がこの方法で2人の子供を断乳させた経験があるからです。

 

この記事を読みおわると、あなたは計画性の大切さを知り、断乳をスムーズに成功させることができるので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

 

なぜ断乳に計画性が必要なのか

なぜ断乳に計画性が必要なのかというと、あなたの意思を強く持つためです。

 

母乳育児をしていると、どうしてもダラダラ授乳し続けてしまいます。

 

その気持ちのまま断乳すると、あなた自身が途中であきらめてしまう可能性が高いのですね。

 

諦める原因のひとつとしては、赤ちゃんが泣き続ける状態などがあげられます。

 

あなたは今日まで「泣いたら授乳をする」という意識を持っているはずなので、その考えを変えない限り断乳は成功しません。

 

じゃあどうするのかと言うと、先ほどいった計画性を立てることなんですね!

 

断乳を成功させる計画の立てかたとは

先ほどの計画性の大切さを知った上で、実際に断乳するための計画を一緒に立てていきましょう!

 

計画の立て方は以下のとおりです。

 

計画の立てかた

1.授乳回数を減らす

2.日中授乳をやめる

3.夜中の授乳を徐々に減らす

\ 断乳完了! /

 

※以下1歳前後のお子さんで授乳回数が8回と想定してお話していきます。

 

計画1)授乳回数を減らす

まずはじめに1日の授乳回数を減らしていきましょう。

 

例えば日中は6回、夜中は2回として、それを半分の4回まで減らしていきましょう!

 

日中3回、夜中1回など。

 

授乳を減らすとおっぱいが張って痛くなるので、軽く絞って捨ててください。

 

絞りすぎるとまた母乳が作られるので注意しましょう!

 

計画2)日中授乳をやめる

授乳回数を減らすことができたら、次に日中の授乳回数を減らしていきます。

 

目安としては、できれば1回まで減らしましょう!

 

ポイント

日中の授乳が数日で成功できるかどうか重要になるので、あなたの意思を強く持つことが大切です。

 

計画3)夜中の授乳を徐々に減らす

授乳回数を減らし日中の回数も減らせたら、あとは夜中の授乳をやめるだけです!

 

コツとしては、スパッとやめることです。

 

うさりん
え?それだけ?

 

はい!それだけです!
りの

 

この「スパッとやめる」のが、実は1番難しいことなんです。

 

はじめのうちはおっぱいがもらえなくて暫く泣き続けます。

 

この時間があなたにとってもっとも精神的にやられてしまうのですが、ここを乗り越えない限り断乳ができません!

 

なので、スパッとやめられるように、強い意志を持つことが大切になります。

 

それができたらすぐに断乳が完了しますよ!
りの

 

夜中の授乳がやめられないときの対処方法

うさりん
夜中の断乳が成功しないんだけどどうすればいいの?

 

こういった悩みをお持ちでしたら、以下の方法を試してみましょう!

 

  1. ベランダにでて気分転換させる
  2. おもちゃで遊ばせる
  3. 泣かせ続ける

 

1は気分転換に外の空気を吸わせてあげるということです。

 

夜中に外へ出るのが難しい方は、2のおもちゃで遊んでおっぱいの意識を遠ざけてあげましょう!

 

3の「泣かせ続ける」というのは決して悪いことではありませんし、あなたのせいでもありません!

 

はじめのうちは泣き続けますが、あなたの意思を強く持って与えないようにしましょう。

 

ココが注意

ここでもし諦めて与えてしまうと、赤ちゃんは「泣いたらおっぱいがもらえる」と学習してしまい、あなた自身がもっとしんどくなります。

 

断乳にチャレンジしている多くのママがここで挫折しているんだよね
にゃりん

 

なので、ここを乗り越えられたら数日で断乳が完了します!

 

もちろん、無理をする必要はありません。

 

ですが、いつかゴールがかならず見えてくるので、強い意志をもって耐えましょう!

 

断乳は辛いけど乗り越えたら一気にラクになる

今回は断乳するための3つの計画について解説しました。

 

断乳している時期というのはものすごく辛いんですよね。

 

なぜなら、ずっと赤ちゃんが「おっぱいほしいよ~!ママなんでくれないの~?」と泣きながら訴えてくるからです。

 

わたしもつらかったですね
りの

 

とはいえ、その辛い時期も育児期間で例えると「たった数日」なんで、そこまで考え込む必要はないんですよ!

 

断乳すると我慢強い子にもなるといわれているので、マイナスにとらえず、プラスに考えて行ってくださいね!

 

人気記事リーンボディの口コミ!実際の体験談やデメリットも解説するよ

人気記事子育てスタイルにあわせた産後ダイエット方法5選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-母乳育児

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5