母乳育児

授乳でお腹がすく時どうする?太らずに食欲を抑える5つのコツ

2020年5月16日

授乳で太らない5つのコツ

 

この記事では授乳中にお腹がすくママへ、太らずに食欲を抑えるコツを解説しています。

 

うさりん
授乳中の食欲やばい。

常に何か食べてるんだけど…。

お腹いっぱいにならないし、どうしたらいいの!?

 

こういった悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • 太らずに食欲を抑える5つのコツ

 

この記事を書くわたしは母乳育児で産後-17キロ痩せに成功した2児の母です。

 

「授乳中は食べても痩せる」とよく耳にするかと思うのですが…。

 

ここだけの話、それを信じて食べ続けたら余計に太って痩せにくいカラダになってしまうかもしれません。

 

そこで今回は、お腹がすく時にどう乗り切ったのか、産後ダイエットに成功したわたしが太らずに乗り切る方法について解説します。

 

読み終えることで、授乳での空腹を乗り切ることができるので、妊娠前よりもスラっとした体型に戻せますよ!

 

授乳中にお腹がすく!太らずに食欲を抑える5つのコツ

 

お腹がすいたときに乗り切った5つの方法はこちらです。

 

  • 食事の回数をふやす
  • 歯ごたえがある物
  • 食事の栄養バランス
  • 和菓子を食べる
  • 飲み物で乗り切る

 

順に解説します。

 

食欲を抑えるコツ1)食事回数を増やす

 

食事回数を増やす

 

タイトルの通り、お腹が空いたら回数を増やしてみましょう。

 

満足するので食べすぎ防止になります。

 

私の場合は3時間おきに何かしら食べるようにしていました。

 

ただ、食べすぎると痩せないので、腹7分目くらい、回数は5回くらいで乗り切りましょう。

 

食欲を抑えるコツ2)低カロリーの食品にたよる

 

低カロリーの食品に頼る

 

「食事の回数をふやすといっても作るのがしんどいなぁ…」

 

そんな時は、手軽に食べられるもので空腹を忘れましょう!

 

なかでもおすすめなのが以下のとおり。

 

  • 茎わかめ
  • するめ類
  • ナッツ系

 

これで満足できなければ、「フルーツ」や」「カカオ70%以上のチョコレート」などもおすすめですね!

 

スナック菓子やあま~いケーキを食べるよりもこれらを食べたほうがおっぱいトラブルにならないし、ほどよい糖分で食欲がおさまりますよ。

 

食欲を抑えるコツ3)バランスのよい食事をとる

 

バランスのよい食事をとる

 

授乳時の空腹を紛らわすには、バランスのよい和食をとると食べすぎ防止になります。

 

なぜなら、食べたことによる満足度があがるからです。

 

たとえば菓子パンだは物足りなくて、2つや3つなど食べてしまいがち。

 

それにくらべ和食だと、白ご飯、汁物、おかず3品といったものを少量ずつ食べられるので「しっかり食べた!」と満足することができるのです。

 

作るのが大変なら、数日分作り置きしましょう。短縮できます♪

 

食欲を抑えるコツ4)和菓子を食べる

 

和菓子を食べる

 

先ほど紹介した3つの方法を試しても食欲がおさまらないなら、和菓子を食べましょう。

 

和菓子のなかでも特におもち系がおすすめ。

 

おもちには母乳の分泌が増やす効果があるので、たくさん出るようになると代謝があがってダイエット効果が期待できます。

 

それに腹持ちもいいですしね!
りの

 

ケーキやスナック菓子ではなく、「和菓子」をたべて乗り切りましょう!

 

食欲を抑えるコツ5)飲み物で乗り切る

 

飲み物で乗り切る

 

いつも口にする飲み物をかえるだけで空腹感を紛らわすことができますよ。

 

  • 野菜ジュース
  • 炭酸飲料
  • 豆乳

 

野菜ジュースや炭酸は砂糖が多いので飲みすぎ注意ですが、食べたいもの欲を抑えることができます。とくに豆乳は腹持ちがいいですね!

 

しかし、毎日飲み続けるならやはりカラダにいい物を取り入れたいところ。

 

そこでおすすめなのがたんぽぽコーヒーです。

 

たんぽぽコーヒーは母乳の量を増やしてくれるノンカフェインの健康飲料です。

 

これに豆乳や黒糖をまぜると「カフェオレ風」になるので、甘いものを食べなくてもこれひとつで満足することができるんです!

 

もしあなたが本気でカラダを思うのなら、たくさん砂糖が入ったものよりも、たんぽぽコーヒーのほうがあなたの為になるとおもいます。

 

人気記事森下薬農園たんぽぽコーヒーの口コミ評判!体験と解約方法も解説

 

ストレスが一番よくない!満たされなければ食べよう

 

ストレスが良くない!ムリせず食べよう

 

先ほど話した5つの方法でも満たされないこともありますよね。

 

そんな時は我慢せずに食べてもOKです。

 

母乳育児でいちばんよくないのはストレスをため込むこと。それが原因で母乳が出なくなったら本末転倒。

 

なので、先ほど話した5つの方法でもお腹がすくなら食べちゃってOKです。

 

肝心なのは母乳をやめたあと

 

産後で痩せるのに1番肝心なのは「母乳をやめたあと」ですね。

 

もし授乳中とおなじような食事量だとやめた後にどんどん太っていきます。

 

ハッキリいいますが、多くのママが産後ダイエットに成功しないのは「食べすぎが原因」です。

 

産後6ヶ月くらいたつと食欲が落ち着くので、徐々に元の量へもどしていきましょう!

 

すると、母乳をやめたあとでももとの体型を戻しやすくなります。

 

授乳中でもお腹がすいたら食べてストレスをため込まないようにしよう

 

授乳中でもお腹がすいたら食べてストレスをため込まないように

 

母乳育児中はどうしてもお腹がすきやすいので、先ほど話した方法でも我慢ができなければ食べちゃいましょう!

 

わたしも食欲が治まらないときは夜中でもおにぎり作って食べていたことがあります。

 

もし太るのが心配であれば、産後6ヶ月あたりから食欲が落ち着いてくるので、その時期に合わせて調整していきましょう。

 

甘い物をのんで乗り切りたい方は、たんぽぽコーヒーもおすすめなので、一緒にチェックしてみてください。

 

森下薬農園たんぽぽコーヒーの口コミ評判!体験と解約方法も解説

続きを見る

 

関連記事たんぽぽ茶・コーヒーおすすめランキング3選!妊婦・授乳ママ向け

関連記事子育てスタイルにあわせた産後ダイエット方法5選

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-母乳育児
-

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5