母乳育児

母乳育児で痩せないのはなぜ?痩せる人との違いはこれだった

2020年5月6日

 

この記事では母乳育児で痩せないのはなぜなのか、痩せる人の違いについて解説しています。

 

うさりん
母乳で痩せるって聞いていたのに体重減らない…

痩せない人と痩せる人の違いは?

赤ちゃんの傍にいながら痩せる方法を教えてほしい

 

こういった悩みにお答えします。

 

この記事でわかること

  • 母乳育児で痩せない3つの理由
  • 母乳育児で痩せる5つの方法
  • 今すぐ家でできるダイエット方法

 

 

この記事を書くわたしは産後-17キロのダイエットに成功した2児の母です。

 

1人目はすぐ元に戻ったものの、2人目は体重を戻すのに約2年もかかりました。

 

その原因はこれから話す「痩せない理由」に関係しています。

 

それを改善してから体重が減りはじめ、ウエストのお肉が減っていき、大きくなったおしりから太ももまで細くすることに成功しました!

 

今回は、母乳育児で痩せない理由と痩せる人の違いについて解説していきます。

 

読み終えることで、今すぐ太りやすい生活環境から抜け出すことができますよ!

 

母乳育児で痩せない3つの理由

 

母乳育児で痩せない3つの理由

 

母乳育児をしていても痩せない人は、次の3つに当てはまっている可能性ありです。

 

  1. 摂取カロリーが多い
  2. 筋力が落ちている
  3. 骨盤が歪んでいる

 

順に解説します。

 

母乳育児で痩せない理由①
摂取カロリーが多い

 

摂取カロリーが多い

 

母乳で痩せないのは、カロリーが高いものを食べているからです。

 

産後すぐは料理をする時間が作れないので、どうしても簡単なものでお腹を満たしてしまいます。

 

実はこれがかなり危険。

 

例えばメロンパンは片手間で食べられるものの、1個当たり600カロリーもあるのでかなり高カロリーなんです!これは和食とほぼ同じになります。

 

そのほか追加で食べたり、ジュースを飲んでいたら1食で1000カロリーなど余裕で越えます。

 

簡単に食べられるもの=高カロリーなので、その食生活を見直さない限り痩せることができません。

 

母乳育児で痩せない理由②
筋力が落ちている

 

筋力不足

 

母乳を与えていても痩せないのは、筋力が落ちていることが原因です。

 

ダイエット成功するには、脂肪を燃やしてくれる筋肉が必要なので、これがなければ痩せません。

 

実際に2人目産後は筋力がなく、1人目の時よりも体重が減らずに悩みました。

 

しかし、途中で筋トレをするようになってから微動だにしなかった体重がすこしずつ動き出したんです!

 

先ほど話した食生活に気を遣ってもなお痩せないひとは、筋力が落ちていることが考えられます。

 

母乳育児で痩せない理由③
骨盤が歪んでいる

 

骨盤がゆがんでいる

 

母乳育児をしていても痩せないのは、骨盤が歪んだままだからですね。

 

出産をきっかけに骨盤が開くので、おしりまわりや太ももに脂肪が付きやすくなるんです。

 

実際に産後のウエスト、お尻周り、太ももなどここでは言えないくらいひどい肉付きになりました…。

 

しかし、産後すぐ骨盤矯正に通ったら、妊娠前に履いていた細めのスキニーが余裕で入るようになりました。

 

むしろぶかぶかになりましたね!

 

ママ友は骨盤矯正に通って「妊娠前よりも痩せた」と言っていたので、それは単純にうらやましかったです。

 

骨盤は女性のカラダの核となる部分。ここが歪んだままだといくら食事や運動に気を遣っても痩せにくい体質のままになります

 

母乳育児で痩せる人がやっている5つのこと

 

ここまで読んでいただいてきになるのは、「母乳育児で痩せた人と痩せない人の違い」ですよね!

 

結論言うと、次の5つに当てはまっているかどうかです。

 

  1. 食事管理をしている
  2. 水分を多く摂っている
  3. 運動を心がけている
  4. 骨盤を整えている
  5. 産後用ガードルを履いている

 

じつはこの5つ、私が-17キロ痩せるまでに心がけた方法なんです。

 

現在2人目出産から約3年経過していますが、リバウンドは一切ありません。

 

むしろ産後すぐから行動したおかげで今もなお、痩せ続けているくらいです!

 

痩せるための改善方法を下記の記事に詳しく書いているので合わせてごらんください。

 

母乳育児で痩せるには?
母乳育児で痩せるには?74キロまで太った私が56キロまで痩せた方法

続きを見る

 

赤ちゃんの傍から離れずに今すぐできるダイエット方法

 

今すぐできるダイエット方法

 

母乳育児をしていると、自分の時間が作れずにダイエットどころではないですよね。

 

そんなあなたに朗報です!

 

赤ちゃんの傍から離れることなくダイエットできる方法があるんです。

 

それは、LEANBODYリーンボディという自宅でジムに通っているような疑似体験ができるフィットネス動画です。

 

画像この動画には産褥(さんじょく)体操をはじめ、産後ママに優しいヨガやストレッチなど軽く運動ができる動画が全部で400種類以上もあるんですよ!

 

さらに1セット5分から~最大30分までなので、あなたの体力に合わせることができるから続けやすいんです。

 

赤ちゃんが寝ている間に10分だけストレッチや筋トレをするだけでもいいですし、少し手が離れてきたら激しい有酸素運動に挑戦するのもあり。

 

わたしの場合、このリーンボディに入っている「令和ビリーズブートキャンプ」に入隊し、2週間で-2キロのダイエットに成功しました!

 

赤ちゃんの傍に離れることなくダイエットをしたいと考えているのなら、隙間時間に運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

リーンボディの解約方法
LEAN BODYの解約方法とキニナル違約金は?退会扱いされない時の注意点も

続きを見る

 

母乳育児で痩せない人はまず少しずつ体力をつけていこう!

 

母乳育児で痩せない人は体力作りを

 

ここまで母乳育児で痩せない人についてお話してきました。

 

私の経験上、母乳育児で痩せないのは代謝が下がっていることが原因だと思っています。

 

妊娠中は激しい運動ができないし、筋トレなんてもってのほか。

 

産後も自分の時間が作れないので、がっつり筋トレなんてできません。

 

とはいえ、筋肉が減った状態で妊娠前と同じ食生活をしていたら母乳を与えていても痩せることができません。

 

1日5分でもいいので、まずは簡単な運動を1日5分から始めていって、少しずつ体力をつけていきましょう!

 

妊娠中に失った筋肉をもどすことで、産後数年経ってもリバウンドしにくい体型になります。

 

体力に余裕がある方は、先ほどお話したLEAN BODYリーンボディに入っている「令和ビリーズブートキャンプ」がおすすめですよ♪

 

関連記事【簡単】LEAN BODYリーンボディの解約は?登録~退会の手順を解説 

関連記事子育てスタイルにあわせた産後ダイエット方法5選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-母乳育児

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5