母乳育児

母乳育児で痩せ始める時期はいつから?産後1番痩せたのは○ヶ月目?

2020年5月19日

母乳育児で痩せ始めるのはいつ?

 

この記事では産後、母乳育児で痩せ始めるのはいつからか、1番痩せたのは何ヶ月目なのか自身の体験もとに解説しています。

 

うさりん
産後痩せるのはいつから?母乳で痩せ始める時期は?母乳育児で確実に痩せる方法が知りたい。

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事でわかること

  • 産後痩せ始める時期
  • キレイに痩せる3つの方法
  • 母乳の量を増やすとヤバイくらい痩せる

 

この記事を書くわたしは産後-17キロ痩せに成功した2児の母です。

 

産後すぐ痩せると聞いていたのに、なかなか体型が変わらなくて焦りますよね。

 

でも安心してください。

 

これから話す3つ方法をすると、落ちなかった体重が減り、妊娠前よりほっそりした体型に戻すことができますよ!

 

今回は、2人目でも-17キロ痩せに成功した私の体験をもとに「いつから痩せ始めるのか」、母乳育児中のダイエットについて解説します。

 

読み終えることで、産後とは思えないスタイルに変身することができますよ!

 

母乳育児で痩せ始める時期はいつから?

 

痩せ始める時期はいつまで?

 

産後、母乳育児で痩せ始める時期は、初産か経産婦で分かれます。

 

  • 初産 → 産後すぐ~
  • 経産婦 → 産後2.3ヶ月~

 

実際に1人目の時は産後1ヶ月で-7キロ近く痩せました!

 

産後6ヶ月目になると-18キロまで痩せて、一回りくらいカラダが小さくなりました。

 

しかし、2人目の時は遅かったですね…。
りの

 

赤ちゃんの体重や羊水分は引かれたものの、痩せ始めたのは2.3ヶ月経ってからでした。

 

そこから徐々に減っていくも、-17キロまで痩せるのに約2年もかかったんですよ。

 

このように、初産か経産婦かで痩せ始める時期は分かれてしまうのです。

 

産後母乳でキレイに痩せる3つの方法

 

母乳育児でキレイにやせる3つの方法

 

では、早く痩せるためにはどうすればいいのか、次の3つを意識しましょう!

 

  1. 食事を和食にする
  2. 骨盤矯正で正しい位置へ
  3. 産後用ガードルを履く

 

順に解説します。

 

産後痩せる方法①和食中心の生活をする

 

和食中心の生活をする

 

和食中心にすると痩せやすいカラダになります。

 

なぜなら、品数が多いおかげで他のモノを口にしなくなるからです。

 

栄養バランスが整っていれば、1食で満足するので間食をしなくなります。

 

逆に菓子パンばかり食べていると栄養が偏るので、口が寂しくなるんですね。

 

そうなると、必要以上にカロリーを取ってしまうので、産後痩せにくくなるのです。

 

痩せやすいカラダにしたいのなら、今すぐ和食中心の生活を心がけてみましょう!

 

産後痩せる方法②骨盤矯正をおこなう

 

骨盤矯正をおこなう

 

骨盤を正しい位置に戻すことで産後痩せることができます。

 

理由は、姿勢改善による「内蔵機能をUPしてくれるから」ですね!

 

わたしが通っていた整骨院では、骨盤がゆがんだまま放置すると以下の症状が起きると言われました。

 

  • 腰痛
  • 猫背
  • 冷え性
  • むくみ
  • 肩こり
  • 頭痛

 

「産後痩せるにはまずカラダの内側から改善」といわれたので、骨盤矯正はそのひとつと教えてもらったんですね。

 

早く痩せたいなら産後6ヶ月までに通うこと

 

骨盤は時間が経つと動きにくくなるので、もとの位置に戻すのが大変になります!

 

なので、早く痩せたいと考えているなら産後6ヶ月以内に予約をしましょう。

 

わたしの場合は産後1ヶ月から通っていたので、1人目産後3ヶ月半で-15キロ痩せる事ができました。

 

もしあなたが、早い時期から崩れた体形を戻したいのであれば、産後6ヶ月以内に骨盤矯正へ通うといいですね!

 

子連れOK!骨盤矯正ならカラダファクトリーがおすすめ

 

とはいえ、「小さな赤ちゃんを連れて通うのはムリ」というママも居るはずです。

 

そんなときは子連れOKのカラダファクトリーがおすすめですよ!

 

約30%近く子連れママが多い人気の整体・骨盤矯正サロンで、赤ちゃんの側から離れることなく骨盤矯正を受けることができます。

 

授乳中や誰かに預けられないママでも通うことができるので、まずは家から近いところを探してみましょう!

 

>>全国300店舗!骨盤矯正ならカラダファクトリー

 

産後痩せる方法③産後用ガードルを履く

 

産後用ガードルを履く

 

産後1ヶ月からガードルを履くと、早くに体重の変化を感じることができます。

 

なぜなら、食べ過ぎ防止になるからですね。

 

母乳を沢山飲むようになると、同時にママもお腹が空きやすくなるので食欲旺盛になります。

 

その流れで食べると産後太りしてしまうことも。

 

それを回避してくれるのが産後用ガードルなのです!

 

中でも産後専用の「トピナガードル」は、ママの欲しい機能が備わっているガードルですよ!

 

【産後】トピナガードルは効果なし?本物志向の私がガチ口コミしたよ!

続きを見る

 

産後痩せるには母乳育児が最強【1番ヤバイ】

 

産後痩せるには母乳育児が1番最強

 

先ほど3つの方法以外でも、産後痩せるのに一番効果的なものがあります。

 

それは、母乳育児ですね。

 

授乳しているだけで、1日約700~800カロリーも消費すると言われているのでスゴイんですよ!

 

実際に授乳中が一番体重の減りが早かったように思います。
りの

 

ただ、産後すぐから痩せたわけではなく「母乳の量が増えてから」でしたね!

 

母乳の量を増やすと産後ヤバイくらい痩せる

 

1日で約700~800カロリー消費するのは、「完全母乳育児の人」です。

 

つまり、母乳の分泌量が多い人ですね!

 

分泌量が多いと消費カロリーが増えるので、食べているのに勝手に痩せていくんですよ!

 

もし母乳育児で痩せたいのなら、母乳の量を増やす工夫をするといいですね。

 

たんぽぽコーヒーは母乳に効果ある?授乳中どれくらいの量が出る?

続きを見る

 

母乳で痩せ始める時期は早い人で1ヶ月!工夫次第でいつでも痩せる!

 

母乳育児で痩せるには1ヶ月から

 

今回は、産後痩せ始める時期はいつからか解説しました。

 

繰り返しになりますが、早い人は1ヶ月、経産婦の人は2~3ヶ月くらいからですね!

 

とはいえ、産後6ヶ月以内ならあなたの工夫次第で痩せるスピードを加速させることができます。

 

産後1年以上経ってからでも痩せることはできますが、かなり時間がかかるため早めに骨盤をしめたり、ガードルをはいて元の体型に戻していきましょう!

 

トピナガードルはいつから着用?69日で-15キロ痩せたレビュー【画像】

続きを見る

 

関連記事たんぽぽ茶・コーヒーおすすめランキング3選!妊婦・授乳ママ向け

関連記事子育てスタイルにあわせた産後ダイエット方法5選

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-母乳育児
-

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5