母乳育児

【母乳育児】授乳時間は何分くらい?短い・長いときの対策法

2020年4月26日

母乳育児での授乳時間

 

この記事では母乳育児中の授乳時間はなん分くらいなのか、短いときや長いときの対策法について解説しています。

 

うさりん
1回の授乳に時間がかかるんだけど片方何分ずつ与えればいいの?

授乳時間が長かったり短い時はどうすればいいんだろう。

どれくらい飲ませたらいいのかわからないから具体的に教えてほしいよ~!

 

こんな疑問を持つ、ママの悩みを解決します。

 

この記事でわかること

  • 1回の授乳時間について
  • 授乳時間が短い・長いときの対策法
  • 母乳が出ているのか不安なときにすること

 

この記事を書くわたしは現在4歳と3歳の子をもつ2児の母です。

 

2人とも完全母乳で育てた経験があるので、授乳時間については結構リアルにお伝えすることができます。

 

先に結論をいうと、育児本に書いている情報を鵜呑みにしてはいけません。

 

実際にわたしも体験したのですが、書かれていることをそのままやると母乳の分泌が悪くなる恐れがあるのです。

 

途中で気付いたおかげで完全母乳に移行することが出来ましたが、もし知らないままいたら母乳が止まっていたかもしれません。

 

そこで今回は、2人の子供を完母で育てた私が、どのように授乳時間を決めて育児をしていったのか体験をもとにお話していきます。

 

この記事を読み終えると、あなたとお子さんにあう授乳時間を知ることができます。

 

【母乳育児】1回の授乳時間はどれくらい?

 

授乳時間はどれくらい?

 

1回の授乳時間は、だいたい15分~20分くらいが理想です。

 

なぜなら、その時間くらいがちょうどたくさんの母乳が湧き出てくるからです。

 

実際にその時間を目安にしていたらおっぱいが「ツーン」と張ってくるのが分かりました。

 

そのあと一気に湧き出てくるのを感じるので、赤ちゃんからゴクゴク飲んでいる音が聞こえるようになります。

 

なので、1回の授乳時間はだいたい15分~20分くらいで行いましょう。

 

片方の授乳時間はどれくらい?

 

片方の授乳時間については、5分~7分を目安に行いましょう!

 

それ以上ながく吸わせると疲れて寝てしまう可能性があります。

 

もし長くなるようであれば5分ずつ2往復(右5+左5+右5+左5)で与えると、途中で寝たとしてもしっかり吸わせることができます。

 

授乳時間をはかってくれるアプリもあるので、それを使いながら片方5分~7分を目安に与えていきましょう。

 

授乳時間が長い・短い理由は?すぐできる対策方法

 

授乳時間が長い・短い理由

 

授乳時間が長かったり短かったりすることがあると思うのですが、それには理由があります。

 

  • 授乳時間が長い
    遊び吸いをしている
  • 授乳時間が短い
    赤ちゃんの体力がない
    母乳がおいしくない

 

いっしょに対策方法も解説していきますね!

 

授乳時間が長いのは遊び吸いをしているから

 

授乳時間・遊び吸い

 

タイトルの通り、授乳時間が長いのは遊び吸いをしている可能性が高いので、機嫌がよければ時間を短くしてみてください。

 

たとえば1回の授乳で30分かかっているなら10分短くするとかですね。

 

乳首から離すと泣くこともあると思うので、その時はおっぱいの意識を遠ざけるように遊んであげましょう。

 

そうすることで、次の授乳時に一気にまとめて飲んでくれます!

 

ダラダラ長く飲ませているとママもしんどいし乳首もいたくなるので、1回の授乳時間が長いと感じるなら短く調整してみましょう。

 

授乳時間が短いのは赤ちゃんの体力がないから

 

授乳時間・赤ちゃんの体力がない

 

タイトルのとおり、赤ちゃんは体力がないので、吸っている最中に疲れて寝てしまいます。

 

そんなときは、つぎの授乳時間に関係なく起こして与えてください!

 

たとえば1回10分で寝てしまったら、次は30分後に起こして授乳するとかですね。

 

それを続けることでだんだん体力がついてきて、あごをしっかり動かして飲むようになりますよ!

 

授乳時間が短いのは母乳がまずいから

 

授乳時間・母乳がまずい

 

授乳時間が短いのは、母乳がまずくて嫌がっている可能性があります。

 

じつは母乳には「味」があって、にがみが強いと飲んでくれないのです。

 

苦くなる原因は「食生活」と「ストレス」。

 

これを改善することでおいしい母乳に変化し、ゴクゴクと飲んでくれるようになりますよ!

 

授乳時間が短く「食生活」と「ストレス」に心当たりがあるなら、いちど母乳の味をチェックしてみましょう!

 

授乳時間で心配な人は母乳の量もチェックしてみて

 

授乳時間で心配な人は母乳もチェック

 

今回紹介した方法は、あくまでわたしの体験談であり、すべてこの方法であっているとは言い切れません。

 

しかし、この方法を行ったおかげで授乳時間が安定し、完全母乳育児をすることができました!

 

育児本には「授乳時間はまもろう!」とか書いていたのですが、私には全然合わなかったですね…(母乳が足りないのかよく泣いてたし)

 

もし本のとおりにやっていたら母乳が出なくなっていたかもしれません。

 

全否定するわけではないですが、ひとつの情報として参考にして、あなたと赤ちゃんに合う授乳時間を見つけてくださいね!

 

母乳の分泌量が気になるかたは、つぎの記事も合わせて読むと不安が解消されますよ!

 

母乳の量を増やす4つの方法!「2人完母で育てました」

続きを見る

 

関連記事たんぽぽ茶・コーヒーおすすめランキング3選!妊婦・授乳ママ向け

関連記事子育てスタイルにあわせた産後ダイエット方法5選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-母乳育児

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5