骨盤ガードル・ショーツ

骨盤ガードルはメリットだけじゃない?デメリットを知って不安を取り除こう!

2020年10月19日

 

先輩ママとの話のなかで必ずと言っていいほど出てくる骨盤ガードル。

 

私も「履くだけで痩せるなんて本当?」と疑っていました…。

 

さきに結論いうと、産後ダイエットに失敗したくない人には必須アイテムです。

 

正しい使い方さえすれば、-10キロ痩せはもちろん、下半身デブとおさらばすることもできます。

 

この記事では、骨盤ガードルのメリットとデメリットを、実際に履いてみた私が解説します。

 

骨盤ガードルってどんなものなの?と気になっている人はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

産後におすすめ骨盤ガードル人気ランキング3選!失敗しない選び方も解説

続きを見る

 

骨盤ガードルのデメリットは?買って後悔するかもしれない4つのコト

 

  1. 脱ぎにくい
  2. わりと値段が高い
  3. 肌荒れやかゆみがでる
  4. 締め付けがキツくてしんどい

 

骨盤ガードルは、産後の骨盤ケアをサポートしてくれるので、産後ダイエットしたい人には必須アイテムです。

 

産後に開いた骨盤をもとの位置に戻しやすくなることから多くのママが愛用していますが、使う人によってはデメリットと感じる内容もあります。

 

買ってから後悔しないように、どんな内容なのかチェックしていきましょう。

 

骨盤ガードルのデメリット①:脱ぎにくい

 

骨盤ガードルって、とっても脱ぎにくいんですよ。

 

着圧がすごくて締め付けられるぶん、履いたり脱ぐのに時間がかかります。

 

爪とかが長い人は、無理に下へ引っ張ると伝線がおきたり、破れる可能性もあります。

 

履くことで締め付け感をしっかり感じるのは嬉しい反面、毎日の着脱がわりと大変でめんどくさく感じるかもですね。

 

骨盤ガードルのデメリット②:わりと値段が高い

 

骨盤ガードルって、いい値段するんですよね…。

 

しっかりしたものであれば、1枚5,000円~15,000円ほどピンキリです。

 

1,000円前後で売っているガードルもありますが、安すぎるものを買ってしまうと肌を傷つけたり、全く効果がなかったりします。

 

骨盤ケアが産後ダイエットのカギとなるので、しっかりしたガードルを買えばよいですが、値段が高いのがネックですね。

 

骨盤ガードルのデメリット③:肌荒れやかゆみがでる

 

骨盤ガードルは直接肌に触れるので、肌が弱いひとには向いていません。

 

特に夏場は暑くてムレたりもするので、かゆくなったりチクチク感じることが多くなります。

 

素材によっては優しいガードルもありますが、実際に履かないとわからないのがデメリットですね。

 

試着程度であれば返品可能なガードルもありますが、多くは不可能なので、肌が弱い人にはハッキリおすすめです!とはいえません。

 

骨盤ガードルのデメリット④:締め付けがキツくてしんどい

 

骨盤ガードルは、かなり締めつけられます。

 

骨盤まわりをしっかりと引き締めるため、着圧が強いんですね。

 

24時間履き続けるタイプもあるのですが、人によっては苦しくて履き続けられない可能性もあります。

 

骨盤ガードルの効果を高めるには長時間履くことが大切なので、着圧に慣れていない人はそもそも履き続けることができないでしょう。

 

骨盤ガードルのメリットは?履いてどんな効果がある?

 

  1. ウエストを細くしてくれる
  2. 背筋が伸びて姿勢がキレイになる
  3. 骨盤矯正のサポートをしてくれる
  4. ヒップがキュッと上に向いてくれる
  5. 太ももがひと回り細く引き締めてくれる
  6. 下半身全体のほっそり効果が期待できる
  7. 選ぶものによっては温かい効果が得られる

 

骨盤ガードルには主に7つのメリットがあります。

 

履くだけで効果が期待できるというのが、手軽でいいですね。

 

さっそく骨盤ガードルのメリットについて解説しますので、産後ダイエットを成功させたいなと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

骨盤ガードルのメリット①:ウエストを細くしてくれる

 

骨盤ガードルは、骨盤だけでなくお腹まわりもしっかりとサポートしてくれます。

 

履き続けることで、ウエストの引き締め効果があるんですよ。

 

実際にわたしも骨盤ガードルを着用して、産後4ヶ月でウエストが‐10センチ以上細くすることができました。

 

もちろんガードルだけの効果ではありませんが、食べ過ぎ防止してくれたのは確かなので、ウエストを細くする効果は期待できるんじゃないかなと思います。

 

骨盤ガードルのメリット②:背筋が伸びて姿勢がキレイになる

 

骨盤ガードルを履くと骨盤が正しく立つので、背筋がまっすぐに伸びます。

 

ガードルの種類によっては胸下までサポートしてくれるので、姿勢が美しくなるんですよ!

 

子育てしているとどうしても前かがみになって、猫背になってしまう機会が増えますよね。

 

そんな時に骨盤ガードルを着用すると姿勢がキレイに保たれるのです。

 

さらにガードルを腰痛と肩こりがマシになるので、産後ママとの相性が抜群ですね。

 

骨盤ガードルのメリット③:骨盤矯正のサポートをしてくれる

 

骨盤ガードルは骨盤矯正と同じようなサポートをしてくれます。

 

骨盤が矯正されて完全にもとに戻るわけではありませんが、何も履かないよりも断然マシです。

 

プロの先生に骨盤を戻してもらいつつガードルを履くと、よりダイエット効果を感じやすいですよ!

 

実際にわたしも産後6ヶ月で-18キロ痩せられたのは、間違いなく骨盤ガードルと骨盤矯正のおかげといえますから。

 

産後は骨盤が動きやすいので、骨盤ガードルを履くことで元の位置に戻りやすくなり、結果痩せやすい体質になっていきます。

 

骨盤ガードルのメリット④:ヒップがキュッと上に向いてくれる

 

骨盤ガードルを履くと、垂れ下がったおしりがキュッと上に向いてくれるようになります。

 

履きながら鏡を見るとその変化具合に驚くママも多いくらいです。

 

妊娠中は激しい運動ができませんし、お腹に力が入る運動はできません。

 

なので産後に自分のお尻を見ると、重力に負けている垂れ下がったお尻に驚くママは多いと思います。

 

そんな時に骨盤ガードルを履くとかんたんにヒップが上向きになるので、ママにとって必須アイテムかなと思いますね!

 

骨盤ガードルのメリット⑤:太ももがひと回り細く引き締めてくれる

 

骨盤ガードルはお腹や腰周りだけでなく、太ももまわりもしっかりとサポートしてくれるロングタイプもあります。

 

太ももまで範囲があることで、ほっそり引き締めてくれる効果が高くなるのです。

 

骨盤ガードルの着圧が太ももへ適度に刺激されるので、血行の促進につながります。

 

産後のむくみで大根足に悩むママも多いので、そんな時にロングタイプの骨盤ガードルを履くとほっそりした脚になることができますよ!

 

骨盤ガードルのメリット⑥:下半身全体のほっそり効果が期待できる

 

骨盤ガードルを履くと、下半身デブからスッキリスタイルに変身することができます。

 

なぜなら、骨盤を元の位置に戻すサポートをしてくれるからですね!

 

そもそも骨盤を元に戻さずに下半身を細くすることはほぼできません。

 

それを骨盤ガードルを履くだけで正しい位置に戻すサポートをしてくれるので、下半身全身のシェイプアップ効果を期待できるということですね!

 

骨盤ガードルのメリット⑦:選ぶものによっては温かい効果が得られる

 

冬の寒い季節は、お腹や脚が冷えてしまいがちですが、そんなときに骨盤ガードルを履くとお腹を温めてくれます。

 

ものによっては裏起毛素材の暖かい骨盤ガードルもありますよ。

 

温める骨盤ガードルは、歪みの矯正はもちろん「血行を促進させる効果」が期待できるので、お腹やおしりまわりの冷え対策になります。

 

冷え性を放置するとカラダが冷え切って痩せにくい体質になりますが、骨盤ガードルを履くことでポカポカ感じて痩せ体質になれるのはメリットですね!

 

骨盤ガードルをおすすめする人しない人

 

履くだけで色々な効果が期待できる骨盤ガードルですが、全員にメリットがあるわけではありません。

 

骨盤ガードルにもおすすめする人としない人がいるので、あなたはどちらに当てはまるのかチェックしておきましょう。

 

骨盤ガードルをおすすめしない人

 

  • 肌が弱い人
  • 締め付けが苦手な人

 

わたしは敏感肌だ!という人は、骨盤ガードルを買う前に素材をチェックしてください。

 

また、タグを外していなければ返品・交換ができる場合もあります。

 

(※例:ワコールは商品タグがあれば8日以内返品可能)

 

骨盤ガードルを検討しているけど、肌に合うかサイズが合うか不安だと思っている人は、事前に返品条件を確認しておくと良いですよ。

 

骨盤ガードルをおすすめする人

 

  • スタイルアップしたい人
  • 下半身を細くしたい人
  • 暴飲暴食をおさえたい人

 

骨盤ガードルは、スタイルを良く見せたいあなたに必見の商品です。

 

骨盤を矯正することで、自然と引き締め効果が出るのでダイエットへの近道になるんですよ。

 

また、お腹まで引き締められるタイプだと、常にお腹がはっている感覚になるので、食べ過ぎ防止に繋がります。

 

私も実際に骨盤ガードルを使用しているけど、着用しながら服を着て鏡の前に立つとお腹やおしり周りがスッキリする効果を感じますね!

 

着やせしたい人には必須アイテムかなと思います。

 

骨盤ガードルの正しい選び方は?失敗しない3つのポイント

 

骨盤ガードルは、それなりにお値段のするアイテムです。

 

なので、購入後に失敗したくないですよね。

 

今まで骨盤ガードルを色々と試してきたなかで、コレ大事だなと思うものを3つピックアップしました。

 

失敗しない為にも骨盤ガードルの購入前に確認していきましょう!

 

外出先でも履くのか考える

 

骨盤ガードルをどのシチュエーションで履くのかイメージしましょう。

 

例えば、産後仕事復帰するのか、それともしばらくは家で過ごすのか。

 

骨盤ガードルによってはデザインが目立つものもありますし、骨盤ガードルではなくショーツタイプもあります。

 

あなたがいつどこで長時間履き続けられるのかイメージすることが選ぶときに失敗しないポイントです。

 

長時間履き続けないと効果を得られないので、目的に合わせてチョイスしましょう!

 

メジャーできちんとサイズをはかる

 

骨盤ガードルは、基本的に伸縮性がないタイプが多いです。

 

失敗しない為にも購入前にあなたのウエストやお尻まわりのサイズをきちんとはかりましょう。

 

絶対に失敗したくないのなら、ワンサイズ上を選ぶと間違いないですが、ブカブカすぎると引き締め効果がなくなります。

 

なので、気になる商品をみつけたらまず公式サイトでどのように選べば良いのかチェックをしましょう。

 

一緒にサイズ交換が可能なのか確認するとGOODですね!

 

ちなみに私が紹介する産後におすすめの骨盤ガードルは基本伸縮性があるものが多いです。

 

実際に履いた感想や、サイズの選び方も詳しく解説しているので、ぜひのぞいてみてくださいね!

 

関連記事産後におすすめ骨盤ガードル人気ランキング3選!失敗しない選び方も解説

 

どのような効果を求めるのかを考える

 

あなたは骨盤ガードルを履いて、どうなりたいですか?

 

  • 骨盤をもとの位置に戻したい
  • 冷え性を改善したい
  • 痩せやすい体質になりたい
  • キレイに痩せたい

 

など、理由はそれぞれあるかと思います。

 

目的に特化した骨盤ガードルがあるので、それぞれの製品特徴をしっかりと押さえて選びましょう。

 

そうすることで、購入後に「全然効果ない!失敗した!」などがなくなりますよ!

 

骨盤ガードルのメリット・デメリット【まとめ】

 

骨盤ガードルは、産後ダイエットで成功したい人には必須アイテムです。

 

なくても痩せられますが、

 

  • あなたが求めるシルエットにならない
  • 太ももだけ細くならない
  • ふくらはぎだけむくむ

 

などの症状に悩まされる恐れがあるのです。

 

産後は痩せやすい時期なのに、ダイエットしたら悲惨な体型になったら最悪ですよね?

 

まず戻すべきは骨盤です。それから正しいエクササイズや食事、運動など徐々に取り入れることが産後ダイエット成功の秘訣になります。

 

骨盤ガードルはデメリットもありますが、それを補うメリットが多くあるので、ぜひ気になる商品があればよく調べてみてくださいね。

 

関連産後におすすめ骨盤ガードル人気ランキング3選!失敗しない選び方も解説

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

5歳と3歳の子を持つ30歳の母です。1人目+18㎏、2人目+17㎏増えたのち、2年かけて-17㎏以上のダイエットに成功。産後ガードルや着圧レギンスが大好き。本当に効果があったものを辛口レビューしています。

-骨盤ガードル・ショーツ

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5