妊娠

女の子を妊娠した時の体調・つわり・食べ物の特徴と体験談

2020年3月15日

こんにちは、りのです!

 

この記事では女の子を妊娠した時の体調・つわり・食べ物の特徴や体験談について解説しています。

 

うさりん
女の子を妊娠した時の体調やつわりの症状は?食べ物の変化などの特徴を具体的に教えて欲しい

 

女の子の妊娠経験があるわたし達がお答えします
にゃりん

 

この記事でわかること

女の子を妊娠した時の体調・つわり・食べ物の特徴を解説

 

この記事を読むと、女の子を妊娠しているのかどうか知ることができます。

 

読み終えることによってあなたが今どちらの性別を妊娠しているのか8割がた解決するので、ぜひ楽しんでみてくださいね!

 

記事の前半では「女の子を妊娠した時の特徴」について解説し、後半では「女の子を妊娠していた時の体験談」について書いています。

 

\ 男の子妊娠時の特徴もあわせてどうぞ! /

男の子を妊娠した時の体調・つわり・食べ物の特徴と体験談

続きを見る

 

女の子を妊娠したときの体調・つわり・食べ物の特徴

妊娠中の性別は、ママの体調・つわり・食べ物の変化である程度あたるといわれています。

 

とはいえ、100%の確率ではないので、あくまでも性別ジンクスとして捉えてくださいね!

 

それでは次に書いている3つの項目に分けて解説していきます。

 

  • 体調
  • つわり
  • 食べ物

 

※以下、わたし1人の検証ではなく周りのママ友にも意見を多くいただいた話をまとめています。

 

女の子を妊娠したときの体調について

女の子を妊娠したときにママに現れる体調を5つに分けて解説していきます。

 

  1. 食欲が無くなる
  2. 風邪をひきやすい
  3. 肌がきれいになる
  4. 胎動が静か
  5. 逆子になる

 

女の子妊娠:食欲が無くなる

女の子を妊娠すると食欲がなくなるといわれています。

 

とくに妊娠初期~中期はあんまり食べられないので、食欲不振になることも。

 

ひどいときは水分さえ受け付けないので、ひどいときは点滴をうちにいったママ友もいましたね…。

 

女の子妊娠:風邪をひきやすい

女の子を妊娠すると風邪がひきやすいといわれています。

 

理由は免疫が下がっているからですね。

 

手洗いうがい・マスクでしっかり予防しても、どこかしら風邪菌をもらってきます。

 

わたしも人混みが多いところを避けていたのに、どこからか風邪菌をもらっていた気がするわ
りの

 

女の子妊娠:肌がきれいになる

女の子を妊娠すると肌がすべすべになったという声が寄せられました。

 

「体毛が薄くなった」「たまご肌みたいにツルツルになった」といった声も!

 

これは実際にわたしも体験したひとりでして、お手入れがめっちゃくちゃ楽ちんでしたね♪

 

女の子妊娠:胎動が静か

女の子を妊娠すると胎動が静かといわれています。

 

たしかに男の子のほうがはげしく、女の子がおとなしいと言われています。

 

とはいえ、性格にもよりそうな気もしますね!

 

おてんばの子は女の子でも胎動がはげしくて起こされますので(体験談)

 

女の子妊娠:逆子になる

女の子を妊娠すると逆子になるといわれています。

 

これはたまたま私の周りが多かっただけかもしれませんが、女の子の妊娠経験のあるママ10人に話を聞いたら8人も逆子経験がありました!

 

個人的には激しい性格の子が逆子になりやすい気がする…
りの

 

女の子を妊娠したときのつわり症状について

続いて女の子を妊娠したときのつわりの症状について解説していきます。

 

  1. 吐きつわり
  2. 眠りつわり
  3. 匂いつわり

 

女の子妊娠:吐きつわりがひどい

女の子を妊娠すると吐きつわりがひどいといわれています。

 

比較的食べやすいゼリーなども食べられず、ひどい人は水分をとっただけで吐いたり。

 

貧血になるので、鉄分の薬を処方されたこともありました。

 

女の子妊娠:眠りつわりがひどい

女の子を妊娠中、「常に眠たかった」というママさんが多くいらっしゃいました。

 

夜も寝ているのに、日中4~5時間プラスで昼寝できるくらいの眠気です。

 

あまりに眠たいので、家のこと何もできず1日過ぎていたこともありましたね。

 

女の子妊娠:匂いつわりがひどい

女の子を妊娠すると、匂いに敏感になるといわれています。

 

わたしの場合ですが、妊娠初期(5週あたり)からお米の匂いが受け付けませんでした。

 

当時1歳半になる息子のおむつ替えさえ辛くて、いつも息を止めながら変えていたくらいでしたね。

 

女の子を妊娠したときの食べ物の変化

続いて女の子を妊娠したときの食べ物の変化について解説していきます。

 

  1. 酸っぱいもの
  2. 甘い物を好む
  3. 刺激物が苦手になる

 

女の子妊娠:酸っぱいものを食べたくなる

女の子を妊娠すると酸っぱいものが欲しいというママが多くいらっしゃいます。

 

特に酢の和え物などですね。

 

わたしはキュウリもみと冷麺にハマっていました!
りの

 

冷麺を食べるのに、お酢150ccくらい入れていました(笑)

 

店員さんひいていたよね
にゃりん

 

女の子妊娠:甘い物を好む

女の子を妊娠すると甘いもの欲が止まらないという声が多く寄せられました。

 

アイスやチョコ、外食のたびにパフェなど…。

 

たしかにわたしも、普段甘い物食べないのにアイスクリームにはまっていた記憶があります。

 

つわりがすぎるとこの甘いもの欲しさに爆発して体重増加がおそろしくなるので注意が必要です!

 

妊娠後期では雪見だいふくにはまっていたな~
りの

 

女の子妊娠:刺激物が苦手になる

女の子を妊娠すると、刺激物が苦手になったという意見が多く寄せられました。

 

キムチ、香辛料が多めの料理、カレーなど…。

 

逆に言うとこれらを好んで食べる人は男の子を妊娠してる可能性が高くなるとか。

 

しろごはんや野菜類、甘い物欲が欲しくなる人は女の子を妊娠している可能性が高くなるのかなと個人的解釈です。

 

以上が女の子を妊娠したときの体調・つわり・食べ物の特徴でした!

 

妊娠中の性別判断はすべて鵜呑みにしないで楽しもう!

今回は妊娠中に性別がわかる「女の子」の特徴についてまとめました。

 

妊娠中の性別判断は、あくまでもひとつの可能性としての話です!

 

女の子の特徴なのに「うまれたら男の子だった!」という意見もありますし、逆もあります。

 

医学的根拠がまったくないので、あくまでも「ひとつの可能性」として楽しんでもらえたらと思います!

 

男の子を妊娠したときの特徴もまとめているので合わせてご覧くださいね♪

 

男の子を妊娠した時の体調・つわり・食べ物の特徴と体験談

続きを見る

 

出産準備がまだの人必見

最低限の出産準備で安心したお産を【スクショでOKチェックリスト】

続きを見る

 

人気記事【妊娠初期】2ヶ月~4ヶ月の体調、お腹、エコー写真のまとめ

人気記事【妊娠中期】5ヶ月~7ヶ月の体調、お腹、エコー写真のまとめ

人気記事【妊娠後期】8ヶ月~10ヶ月の体調、お腹、エコー写真のまとめ

人気記事前駆陣痛から本陣痛につながる10の方法【助産師さんの助言も】

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

29歳男女2人の子供を持つママです。妊娠中から産後までの悩みを解決できるよう役に立ってもらえたら…と思い立ち上げました。「このサイトで全部解決できる」を目標に書いています♪

-妊娠
-,

© 2020 ままのこ Powered by AFFINGER5