マタニティ

妊娠中に痩せたダイエット方法は?注意ポイントも一緒に解説

2020年10月7日

妊娠中 ダイエット

 

この記事では妊娠中に痩せたダイエット方法をご紹介しています。

 

「妊娠中に太りすぎて、体重増加が止まらない~」と悩んでいませんか?

 

先に結論いうと、この記事の内容を実施すれば今よりも体重が増えなくなります!

 

中には体重が減る人もいるので、やりすぎ注意レベルです…。

 

これ以上体重を増やしたくない方はぜひ読んでみてくださいね♪

 

妊娠中にダイエットしてもいい?赤ちゃんに影響は?

 

体重を減らしすぎなければ問題ありません。

 

逆に体重が増えすぎたら、妊娠糖尿病になったり、赤ちゃんが産道まで下がりにくくなります。

 

ママが太りすぎたら、あなたはもちろん赤ちゃんへの負担が大きくなるので、むしろ太りすぎたほうが危険です。

 

妊娠前より+8㎏前後であればダイエットする必要はありませんが、それ以上なら増えすぎないように心がけましょう!

 

【注意】妊娠中にダイエットするならこんな人はやめておこう

 

  1. お腹が張りやすい
  2. 絶対安静といわれた

 

妊娠中でもダイエットはできますが、上記に当てはまる方はやめておきましょう。

 

おなかの赤ちゃんに何かあってからでは遅いからです。

 

後悔しないためにも、どんな人がやってはいけないのか詳しくお話ししていきますね!

 

お腹が張りやすい人

 

お腹の張りが強いなと感じたり、医師から指摘されたひとは、妊娠中のダイエットをやめましょう。

 

妊娠中にお腹が張りやすくなるのは、立ち作業が多かったり、お腹の冷え、ストレスなどが原因です。

 

お腹が張ったときは無理せず安静にして、改善されないならすぐ医師に相談しましょう。

 

手遅れになるまえに、お腹に張りがあるひとは無理に運動せず安静にしてくださいね
りの

 

絶対安静といわれた人

 

妊婦健診などで医師から絶対安静と言われた人もやめておきましょう。

 

早産や切迫早産の原因となるからです。

 

わたしも妊娠7ヶ月目のころに「絶対安静」と言われ、泣く泣く旅行をキャンセルしたことがあります…。

 

ですが、あのとき安静にしたおかげで元気な赤ちゃんを生むことができました。

 

妊娠中ダイエットも大切ですが、おなかの赤ちゃんを優先して過ごしてくださいね
りの

 

妊娠中に痩せたダイエット方法:習慣編

 

  1. 毎日体重計にのる
  2. 食事の時間を決める
  3. 食べたものを記録する

 

ここからは妊娠中に痩せたダイエット方法をご紹介していきます!

 

妊娠中は、思うように身体が動かせないので、体重は増えてしまいがちです。

 

まずは日ごろの習慣を変えてみるといいですね!

 

これからご紹介する3つの習慣を意識するだけで体重の増加をおさえられます。

 

太りたくない方はチェックしてみましょう!

 

習慣①:毎日体重計に乗る

 

毎日体重計に乗ることで、体重が増えにくくなります。

 

いまの体重を把握することで目標設定ができますし、数字を見ると自分の体重と向き合うことができるからです。

 

自分のカラダと向き合う事こそ、妊娠中ダイエット成功への近道

 

とはいえ、体重の日々の増減は気にしすぎたらストレスになるので、1~2週間ごとにふり返るといいですよ♪

 

毎日体重計に乗る習慣をつけて、目標設定と振り返りをする習慣をつけましょう
りの

 

習慣②:食事の時間を決める

 

食事の時間を決めることで、妊娠中の体重増加を防げます。

 

決まった時間にお腹がすくようになるからですね!

 

理想は、朝食は6時から7時、夕食は18時から遅くても21時まで。

 

昼食はその真ん中の12時から13時に食べるのがベストです。

 

決めた時間に食事をすることで、ダイエットしやすい身体になっていきますよ!
りの

 

習慣③:着圧ソックスを履く

 

脚のむくみケアすることで、体重増加を防いでくれます。

 

足に余分な水分をため込まないようにしてくれるからですね!

 

赤ちゃんが大きくなるにつれ、下半身を流れる静脈を圧迫してしまったり、エストロンゲンなどのホルモンが増えます。

 

ナトリウムや水分がカラダに吸収されて、結果水分が溜まる → むくみやすくなるんですね。

 

着圧ソックスを履くことでむくみ改善されて、体重増加の予防になりますよ!
りの

 

妊娠中におすすめの着圧ソックスは下記を参考にしてみてくださいね♪

 

スラリスリム 口コミ
スラリスリムを2週間履いた私の口コミ!脚痩せ効果を徹底検証!

続きを見る

 

妊娠中に痩せたダイエット方法:食事編

 

  1. フルーツを食べる
  2. 水分をしっかり取る
  3. オートミールを食べる
  4. 納豆食べて便秘知らずに
  5. 脂質を取り過ぎないように意識

 

妊娠中に痩せたいなら、上記の食生活も見直していきましょう!

 

これら5つを心がけることで、今より体重が増えにくくなります。

 

具体的に解説していきますね!

 

食事①:フルーツを食べる

 

妊娠中の体重増加をおさえたいなら、フルーツを食べましょう!

 

血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので、食べても脂肪になりにくいです。

 

中でもキウイやいちご、りんご、グレープフルーツなどがおすすめです。

 

特に柑橘系は、甘い物食べたい欲をおさえてくれますよ♪

 

もしフルーツを食べるなら、朝イチにとりましょう!

 

食事②:水分をしっかり取る

 

妊娠ダイエットで痩せたいなら、水分をしっかりとりましょう。

 

水分を多めにとることで、血液の循環がよくなって老廃物をそとに追い出してくれるのです。

 

また、便秘改善にも繋がるので、食べたものがそのまま脂肪になりにくい効果も期待できます。

 

ひとつ注意点をあげるなら、糖分がおおいジュースは避けること。

 

できるだけ水やノンカフェインのお茶をのみましょう!
りの

 

食事③:オートミールを食べる

 

妊娠中のダイエットでおすすめなのが、オートミールを食べることです!

 

オートミールは、オーツ麦を加工した全粒穀物で、普通の白米よりも栄養価が高いうえに超ヘルシー。

 

  • 白米…150g 252カロリー
  • オートミール…114カロリー

 

糖質で言うなら、白米は1食54.8gなのに対し、オートミールは1食17.9gなのです!

 

さらに食物繊維がたっぷり入っているうえに、かなり腹持ちがいいんですね。

 

ダイエット中の方はもちろん、妊娠中にもぜひおすすめしたい食品です
りの

 

作り方は、こちらのInstagramが参考になるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

参考https://www.instagram.com/rinodiet11/

 

食事④:納豆食べて便秘知らずに

 

妊娠中に痩せたいなら、納豆を食べましょう!

 

お通じがよくなるので、食べたものがカラダに付きにくくなります。

 

さらに、先ほど紹介したオートミールと一緒に食べたら、数時間後に便意がくるので超おすすめ。

 

妊娠中は便秘になりやすいので、改善することが体重増加をおさえるポイントです
りの

 

食事⑤:脂質を取り過ぎないように意識

 

脂質量を意識することが妊娠中ダイエット成功への近道です!

 

妊娠中は揚げ物などの高カロリーなものを食べたくなるんですが、取りすぎたら体脂肪が一気に増えちゃいます。

 

意識しなかったら一気に体重が増えるので、食べ過ぎないように意識しましょう。

 

食べたものをアプリで記録したら自制が効くのでおすすめ!
りの

 

妊娠中に痩せたダイエット方法:運動編

 

  1. 軽くウォーキングする
  2. マタニティヨガをする
  3. 簡単なストレッチをする

 

続いて、妊娠中のダイエットにおすすめな運動についてご紹介します!

 

元気であれば3つすれば、体重の増加はもちろん、減らすこともできるでしょう。

 

もう少し具体的に解説しますね。

 

運動①:軽くウォーキングする

 

軽くウォーキングすることで、妊娠中の体重増加を防ぎます。

 

食べたものが消費されるからですね!

 

また、動くことによって血流が良くなるので、カラダのだるさが改善されたり、気分転換にもなります。

 

妊娠中は思いどおりにうごけないのでストレスが溜まりがちですが、カラダを動かすことでリフレッシュできますよ!

 

20分以上歩いたらエネルギー消費が増えるので、できれば長く歩きましょう
りの

 

運動②:マタニティヨガをする

 

マタニティヨガをすることで、妊娠中の体重増加を防げます。

 

妊娠中に凝り固まったカラダをほぐしてくれるからです。

 

さらに、腸の動きが活発になって便秘改善にも繋がりますよ!

 

カラダが柔らかくなったら基礎代謝があがるので、普通に生活してても痩せられます。

 

外出するのがめんどくさい方は、自宅ヨガからはじめてみましょう
りの

 

運動③:簡単なストレッチを行う

 

妊娠中のダイエットで痩せた人がよくしているのがストレッチです。

 

足を開脚するだけでOKですよ!

 

便秘解消やダイエットをサポートしてくれますし、カラダを柔らかくすることで基礎代謝があがります。

 

体を左右にひねったり前屈をしたり、背伸びしたりゆっくりおこないましょう!

 

ウォーキングやマタニティヨガのあとにストレッチを取り入れたら、より効果的です
りの

 

妊娠中に痩せたい人はむくみケアもおこなって

 

ここまで痩せる方法についてご紹介してきましたが、ダイエットで1番大切なのは便秘改善とむくみケアです。

 

なかでもむくみを放置したら、血流が悪くなってどんどん太くなります。

 

これ以上太らないためにも、ちょっとした運動を心がけて、動いたあとはかならずストレッチをしましょう。

 

ストレッチあとはむくみケアをおこなってくださいね!

 

マッサージが一番効果的ですが、もししんどいなら手っ取り早く解消してくれる着圧ソックスがおすすめ。

 

将来下半身デブに悩まないためにも、今のうちに足のむくみケアをおこなっていきましょう!

 

▼今なら3枚セットで2,420円オフ!▼

\ 履くだけで”簡単”スラリ脚♪ /

今すぐスラリスリムを購入する

脚のパンパンがスッキリ!

 

関連スラリスリムを2週間履いた私の口コミ!脚痩せ効果を徹底検証!

 

【まとめ】妊娠中に痩せたダイエット方法

 

妊娠中ダイエットの習慣・食事・運動についてご紹介しましたが、もっとも大事なのは母子ともに健康に過ごすことです。

 

妊娠中の体重管理を意識しすぎて、ストレスをためてしまうのも良くないですね。

 

取り入れられそうなものから無理のない程度にはじめていきましょう。

 

お腹の赤ちゃんと過ごせる貴重な時間を大切にしながら、キレイなママを目指してくださいね!

 

関連産後におすすめ骨盤ガードル人気ランキング3選!失敗しない選び方も解説

関連最新!産後におすすめの着圧レギンスランキング【ベスト5】

あなたにぴったりの「欲しい」が見つかる♪

着圧レギンス

着圧ガードル

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

りの

5歳と3歳の子を持つ30歳の母です。1人目+18㎏、2人目+17㎏増えたのち、2年かけて-17㎏以上のダイエットに成功。産後ガードルや着圧レギンスが大好き。本当に効果があったものを辛口レビューしています。

-マタニティ
-

© 2021 ままのこ Powered by AFFINGER5